振れ取りと芯出し

春に注文したTOEIフレームですが、予定ではあと2ヶ月弱くらいで出来上がりそうです。そろそろパーツを揃え始めなくてはなりません。
まずはホイール組です。素人はたまにやると忘れることが多いので、振れ取りと芯出しの備忘録です。

振れ取りをする前に、全スポークを同じテンションにしておきます。(実際はスポークのネジが隠れる位置までニップルを締めておきます。)
丸印箇所でリムが擦れていますので、その部分の(青)スポークを緩め、両サイドの(赤)スポークを締めます。

スポークレンチは左側では手前に回すのが「締める」です。向こうに回すのが「緩める」です。(これを忘れた場合はリム裏側のニップルをマイナスドライバーで回して見れば分かります。)

芯出しですが、センターゲージの先端を片方のホイール中央エンド(画像ではフリー側)に合わせ、

センターゲージの先端を固定し、反対側に持っていったときに画像のようになっていれば、センターゲージ先端を矢印方向に近づけなければなりません。そうするには反対側のスポーク(画像では左のフリー側スポーク)を締め、右側のスポークを緩めていきます。

振れ取りと芯出しを何度か繰り返して完成です。

関連記事
スポーク長の計算式
井上組
36ホール 8本組
36ホール 6本組
スポーク長の計算式 検討

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA